FC2ブログ

マニアックなロードバイク·MTB整備とツーリングの記録

ロードバイク・MTB整備とツーリングの日記

ロードバイクに140mmディスクローターを導入。( TEKTRO TR140-35 140mm )

2019-03-19
Top Pageロードバイクコンポーネント
昨年末から乗り出している Fuji ロードバイク Roubaix 1.1 Disc 2018 のデフォルトのディスクローターは160mm。
輪行時に嵩張るので140mm に交換することにした。
ディスクロードが発売された当初は160mmローターが主流であったが、
2019年のGIANTのディスクロードバイクを見ると全て140mm 。
まあそういうことでストイックに考えなきゃローターを140mm にしても特に問題ないかと思う。

シマノ純正で140mmローターを探すと結構高いので
今回は安価な中華パーツを徹底的に探してみた。
6穴ディスクなら幾らでもあるがセンターロックの140mmは見つからない。
どうもセンターロックという規格がネックになって中華パーツの参入を阻止しているようにも思える。
また他の部品をザックと見ても単純な構造の部品なら中華パーツが参入しやすく、
あと形式の古い型、( 例えばシマノのディスクパッドならM355 M395 M446 M615 675 785etc ) にも参入しやすいようだ。
とうことで今回は考えうる中で一番安い台湾製TEKTRO TR140-35 140mm を買うことにした。
7856.jpg
P2276054.jpg
P2276056.jpg
P2276057.jpg
P2276058.jpg
P2276061.jpg
P2276064.jpg
P2276065.jpg
P2276062.jpgP2276063.jpg
シマノの140mmは全て4アームなのでTEKTROも4アームと予想していたが実際は6アームでガッチリした作りだ。
手に持った瞬間重く嫌な予感がした。重さを測るとやっぱり重い!
厚さはノギス計測で1.65ミリであった。






交換前 前ブレーキ
P3016073.jpg
P3016076.jpg

交換後
P3016087.jpg
P3026089.jpg






交換前 後ブレーキ
P3016068.jpg
P3016069.jpg

交換後
P3016083.jpg
P3016085.jpg






160mmから140mmの交換に伴い後ブレーキのマウントなどが不要となった。
P3016082.jpg
P3016080.jpg
17.5グラムの軽量化。




デフォルトの160mmローター、シマノSM-RT54
P3016078.jpgP3016079.jpg
未使用時が141グラムだったので使用に伴い擦り減り微妙に軽くなっている。




交換後、試走してみて、やや制動力は落ちたが実用上、問題ないと思う。
ローター径が大きい方がローターの回転を止めやすいが、
最終的にはタイヤと路面の摩擦力でロードバイクが止まるわけだから、
過度にローターを停止させても細いロードバイクのタイヤは簡単にロックして路面を滑るだけなので、
単純にローター径が大きい方がベストとは言えない。
極端に体重が重くなければ140mm でも十分だと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.